本文へスキップ

あなたの子供が芸能人でなくとも歯は大切な財産になります。

子供の歯を健康に育成する方法を紹介するサイト『虫歯から子供を守るには』

『虫歯から子供を守るには』では歯医者のお世話にならない育児について解説します。

子供の虫歯予防

  • 虫歯になりにくい丈夫で強い歯の子供を希望するのは親ならば当然のことです。 そのためにどうすればいいのか、子供がある程度成長してから歯磨きをしっかり行う ように躾けることも大切ですが、それよりもはるか以前に虫歯対策をはじめることが 出来るということを知らない親もいます。 丈夫な歯の子供になって欲しいのならその赤ちゃん(ベビー)が母親から生まれる前に、 子供を授かったと本人が自覚した時から健康な歯を作る準備を開始することが一番 望ましいのです。

お菓子の習慣

  • 歯は増やすことはできませんし、虫歯でボロボロになったからといって取り替える こともできませんし、生まれつき歯がちょっと弱いから筋トレして強くしよう、 ということも出来ません。 最初に生えてくる乳歯は抜け落ちて大人の歯に生え変わりますが、大人の歯はその後の 人生を通して最後の歯(ラスト歯)になるのです。 虫歯や事故などで失っても次に生えてくることはありません。 なので長く大切に使い続けること、虫歯にならないように子供の頃から予防するのが とっても大事なのです。

歯磨きの習慣

  • 小さい子供の歯を磨いてあげようとすると子供は遠くへ逃げます。 仕方が無いので無理矢理手足を押さえつけて口をこじ開けて歯を磨こうとすると、 やはり逃げようとしたり逃げられないのがわかると泣き出すことになります。 子供は親が望むように歯磨きをさせてくれませんが、それは歯磨きが嫌いという理由 で抵抗しているだけではありません。 その行為の意味を知らないので、「口の中になんか突っ込まれる」行為に映る歯磨き から逃れようとしているだけなのです。
小児歯科で咬合育成
うらさと歯科(名古屋市緑区)の小児歯科では噛み合わせ(矯正)を重視して
虫歯のない永久歯歯列を目指します。
お問合せ・ご予約:052-895-8282
http://urasato-dental.com/

虫歯になりやすい歯

  • 生えてきたばかりの歯は乳歯だろうが大人の歯だろうが虫歯にはなっていません。 少々弱い歯が生えてくる子はいますが最初から虫歯が生えてくることはありません。 妊娠中の母親がお饅頭やチョコレートなど甘いお菓子ばかり食べていても、その後に 歯磨きをしないまま就寝していたとしても、歯科医院に通院して治療を受けていたと しても、産まれてくる赤ちゃんが虫歯になる可能性は皆無、ありえないことです。 子供が虫歯になるのは本人に歯が生えてきてからの話になります。

ナビゲーション

新宿駅前の小児矯正歯科
ハリウッド・スマイル矯正歯科
東京都新宿区新宿3-23-1 4F
子供の噛み合わせ・歯並びの治療を丁寧な説明とともに行います。
ご予約:03-3355-0055