虫歯から子供を守る!

子供に虫歯予防の習慣を

子供は歯医者が苦手です。まぁ、子供に限らず歯医者が苦手な大人もたくさんいますが・・・。
苦手な歯医者さんに行かなくてもいいように、日頃から歯磨きの習慣を身につけさせて、虫歯にならないよう予防することが大切です。
もちろん、定期的に歯科医院へ通って歯科検診を受けることは重要です。虫歯治療でなければ、痛いこともありませんし、歯科衛生士さんに歯のクリーニングしてもらうことは とても気持ちが良いので、子供も嫌がることはないでしょう。
歯の健康はからだ全体の健康にも繋がっています。食事をするには歯は欠かせないものですから、いつまでも健康的な歯を保って美味しく食事を楽しみたいです。 仮に虫歯で痛みがあると、その歯をかばって、片側の歯ばかりを使って噛んでしまいます。その結果、からだに歪みが生じ、その歪みから内臓へも悪影響を及ぼします。
虫歯に限らず、歯並びや噛み合わせが悪い場合も同じです。早目の矯正治療を行わないとからだ全体の健康に良くありません。特に歯の矯正は子供の頃に早目に行う方が 効果的といわれています。歯並びが悪いと、歯の磨き残しが出やすく、虫歯にもなりやすいです。
永久歯は失うと二度と生えてくることはありません。その名の通り、永久に自分の歯で生活できるように子供のころからデンタルケアの意識を持たせましょう。

小児歯科で咬合育成
うらさと歯科(名古屋市緑区)の小児歯科では噛み合わせ(矯正)を重視して
虫歯のない永久歯歯列を目指します。
お問合せ・ご予約:052-895-8282
http://urasato-dental.com/

CONTENTS

  • 子供の虫歯予防

    子供の虫歯予防

    我が子の歯を虫歯になりにくく、丈夫で強くしたいと希望するのは親ならば当然のことです。 では、そのためにどうすればいいのでしょうか。子供に毎日歯磨きをしっかり行うように躾けることは当然のこと。 それでも「面倒くさい」「歯磨き粉が苦手」といった理由から歯磨きを敬遠してしまう子供は多いです。 子供たちが少しでも楽しく歯磨きを出来るように、歯磨きをテーマにした教育番組や、歌、絵本などはいくつかあります。 これらを上手に活用しながら親子一緒に虫歯予防に取り組みましょう。

  • お菓子の習慣

    お菓子の習慣

    子供にとって「おやつ」はとっても重要。もしかしたら1日の中でいちばん楽しみにしているのが「おやつの時間」かもしれません。 大人であろうと子供であろうと、お菓子はみんな大好きです。ですが、虫歯の原因となってしまう可能性も含んでいるのがお菓子です。 節度を持ってお菓子を摂取しなければ、虫歯菌がすぐに口内を侵略してくるはずです。 つい口淋しい時に、何かしらお菓子をちょっと食べてしまう・・・そんな習慣がついてしまっている人は要注意です。 お菓子をつまむ度に歯磨きをすることは不可能でしょうから、子供には「おやつの時間」と称して決められた時間にお菓子を与えるのがいいと思います。

  • 歯磨きの習慣

    歯磨きの習慣

    小さい子供の歯を磨いてあげようとすると子供は遠くへ逃げます。仕方が無いので無理矢理手足を押さえつけて口をこじ開けて歯を磨こうとすると、 やはり逃げようとしたり、逃げられないのがわかると泣き出してしまう・・・という経験ありませんか。 子供は親が望むように歯磨きをさせてくれませんが、それでも歯磨きがどうして大切なのか、歯磨きをしないで虫歯になってしまったら、どんな事になるのかを 根気強く丁寧に教えてあげることが大切です。子供が自発的に歯磨きをした時には、ちゃんと褒めてあげましょう。

  • 虫歯になりやすい歯

    虫歯になりやすい歯

    生えてきたばかりの歯は当然のこと、虫歯にはなっていません。どんな子でも最初から虫歯が生えてくることはありません。 ではどんな歯が虫歯になりやすい歯なのでしょうか。虫歯の原因は様々ですが、基本的に虫歯になりやすい人の原因は、歯磨きをしても磨き残しが多い、 間食を頻繁に摂っている、虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌が多い、ということが挙げられます。歯並びが悪いと磨き残しが多く、虫歯になりやすいですので、 子供のうちから歯列矯正をすることをおすすめします。

新宿駅前の小児矯正歯科
ハリウッド・スマイル矯正歯科
東京都新宿区新宿3-23-1 4F
子供の噛み合わせ・歯並びの治療を丁寧な説明とともに行います。
ご予約:03-3355-0055
^